海外旅行のバッグ選び

快適な旅行はバッグから

化粧品、液体類の機内持ち込み


03

飛行機に乗る場合、機内に持ち込める荷物にはある程度の制限が課せられます。例えば、カッターなどの刃物は持ち込めないので、没収されてしまいます。ほかに気をつけなければならないのは、化粧品や飲料水などの液体類です。
液体類は、基本的にひとつひとつが100ml以下でなければ持ち込むことができず、それらをジッパー付きの透明な袋にいれておかなければなりません。この袋は、たいていの場合、空港のドラッグストアで売られているので、その場で調達して荷物を整理するのもありでしょう。機内持ち込み可能な化粧品なども最近では多数発売されており、整髪料のスプレーなども最近では充実しています。また、スーツケースなどに入れて荷物を預けいれた場合は、100ml以上でも可能です。

ペットボトル入りの飲み物に関しては、国際線と国内線で扱いが違います。国内線では、中身の検査が通れば持ち込み可能ですが、国内線の場合、廃棄することになってしまいます。買ったばかりの飲み物が捨てられてしまうのは残念ですから、このあたりを頭に入れておきましょう。
また、何をもって液体とするかというのも微妙なところがあります。一般に液体としてみなされるのは、歯磨き粉やシャンプーといったものから、味噌や漬物といった食べ物まで意外と多岐にわたっています。お土産に買っていったものが実は液体扱いで、泣く泣く廃棄せざるを得ない・・なんていうことは悲しいですから、このあたりのルールは事前に調べておきましょう。